更年期障害とは多くの日本人の方が45歳から55歳の間で経験するようです。

多かれ少なかれ不快な症状が現れます。

これは閉経の前後数年に症状が出ることが多くなります。

それではなぜ閉経の前後に起こるのでしょうか?

更年期障害が起こる原因は?

更年期障害の起こる原因はホルモンバランスの乱れや、

ストレスなどによる自律神経のバランスが崩れることで起こります。

更年期障害が閉経前後、数年間に起こる理由は、

月経周期が乱れがちになり女性ホルモンを作り出す機能が衰え、

それによりホルモンバランスが崩れるからです。

更年期障害の症状とは?

更年期障害の主な症状は、

朝起きがつらくなる、夜眠れないなどの睡眠障害を伴うものや、

イライラしたり怒りっぽくなったりと感情を抑えられないもの、

暑くもないのに突然大量の汗をかくなどの症状がでます。

特に汗はところかまわず吹き出し、

冬の寒さの中でも大量に汗をかいてしまうこともあります。

満員電車の中などで起こると周りの目を気にしすぎて、

精神的にも参ってしまうことになります。

更年期障害の治療は?

更年期障害の治療はどんなことをするのでしょうか?

更年期障害の治療はまず、検査をしてホルモンバランスの状況を調べます。

そしてそれに合った治療を行っていくことになります。

HRTと呼ばれるホルモン補充療法があり、

不足しているホルモンを補充することで症状を改善させる治療です。

その他には漢方薬を使った治療法もあります。

漢方薬は即効性はありませんが、

副作用が少なく体の負担は軽減されます。

まとめ

更年期障害は日本人の多くは45歳から55歳にかけて起こります。

突然の発汗や怒りっぽくなったり、夜眠れなかったりという症状が現れます。

この他にも症状は様々で人それぞれ違った症状が現れます。

症状は軽い方もいれば、

生活に支障をきたすような方もいます。

更年期障害は症状の差はあれ、ほとんどの方に起こります。

避けては通れないものなのです。

更年期障害を早い段階で発見し治療するようにすれば不快な思いをさずにすみます。

そのため40歳をすぎたら毎年健康診断を受けるようにしましょう。


健康維持にお勧めなサプリです。
宜しかったら読んでみて下さいね。

宝寿仙紹介ボタン