つらい更年期障害。

一番良いのは医療機関で受診することですが、

出来たら病院には行きたくないと思っている方もいらっしゃいますよね。

そこで今日は自分で出来る更年期障害の改善方法を紹介します。

でも、辛い場合は病院で受診しましょうね。

市販の薬を使ってみる

一番最初に思い浮かぶのは市販の薬を使ってみることです。

これは市販されているので効果も実証済です。

でも、効果は個人で変わってきますので注意が必要です。

更年期障害で一番有名な市販薬はやはりこれですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】命の母A 840錠【楽天BOX受取対象商品】
価格:4536円(税込、送料別) (2016/12/20時点)

命の母です。

これは良くコマーシャルでも見かけますよね。

これは多くの方から支持されているので効果も期待できそうです。

食事で改善する

更年期障害はホルモンが減少することで起こります。

女性の場合はエストロゲン、

男性の場合はテストステロンが減少することで起こります。

この減少したホルモンを補うために、

それぞれのホルモンと同じ働きをするものを、

食事で補えば症状を改善することが期待できます。

女性の場合は女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするのが、

大豆に多く含まれるイソフラボンです。

そのため大豆製品を意識的にとれば、

症状を改善できる可能性があります。

大豆製品の中でも一番のお勧めは納豆です。

納豆は腸内環境を整えたり、納豆の成分のナットウキナーゼが、

血液をサラサラにしてくれる効果も期待できます。


男性の場合はテストステロンと似た作用のある、

山芋や長芋を摂ると男性更年期障害の症状を和らげる効果が期待できます。

アロマで改善する

更年期障害になるとイライラしたり怒りっぽくなったりします。

それにストレスが症状を悪化させることになります。

そこで、心を落ち着けるためにもアロマを使ってみると良いと思います。

アロマには色んなものがあり、

イライラを落ち着かせるもの、

発汗を抑制するもの、肩こりや頭痛を改善してくれるものがあります。

ここでは一部ですが紹介したいと思います。

気分の落ち込みに効果が期待できるのはローズウッドです。

そして発汗に効果のあるものはクラリセージがあります。

これはナッツのような甘い香りがします。

そして最後はラベンダー。

ラベンダーはイライラを抑えたり、

頭痛や肩こりにも効果が期待できます。

アロマを効果的に取り入れることで、

更年期障害の改善が期待できます。

まとめ

更年期障害は基本医療機関にかかるのがベストです。

でも、症状を自分で改善することも必要になってきます。

更年期障害はホルモンバランスの乱れや、

ストレスで引き起こされます。

そこで不足してきたホルモンを食事で補ったり、

市販の薬を試してみたりして自分にあった方法を見つけることも肝心です。

そしてアロマを利用することにより、

イライラなどの症状が軽くなると生活の質が向上します。

どうせ更年期だからと諦めずに色々試してみることも必要ですよ。


健康維持にお勧めなサプリです。
宜しかったら読んでみて下さいね。

宝寿仙紹介ボタン