ラジオ体操と聞くと子供のころを思い出しますよね。

夏休みに早起きして、良く近くのお寺の境内でやっていました。

ラジオ体操の帰りにはカブトムシを捕ったりと

遊んで帰った記憶があります。

今思い出すと懐かしいですね。


そんな懐かしいラジオ体操ですが、

ラジオ体操にはある効果があります。

そしてラジオ体操を続けていくと健康も維持できるのです。

ラジオ体操の歴史

ラジオ体操の効果を紹介する前に、

ラジオ体操の歴史をみてみましょう。

ラジオ体操は1928年11月1日の朝7時から、

昭和天皇のご即位の大礼を記念し、

国民保健体操という名前で放送されたのが最初です。


私たちが今行っているラジオ体操は、

1936年ベルリンオリンピックの体操競技に出場した、

故遠山喜一郎さんが考案したものです。

音楽に合わせてスムーズに行うことを考えて考案されたようです。

ラジオ体操はどんな運動なの?

ラジオ体操は全身を使った運動で次の13の動作からなっています。

1、背伸びの運動

2、手足の運動

3、腕を回す運動

4、胸の運動

5、横曲げの運動

6、前後に曲げる運動

7、腕を振って体をねじる運動

8、手足の運動

9、斜め下にまげ胸をそらす運動

10、体を大きく回す運動

11、両足跳びの運動

12、手足の運動

13、深呼吸

この動作全てをやると所要時間は約3分です。

あらためてやってみると分かる通り、

全身の筋肉をうまく使っているのが分かります。

ラジオ体操の効果とは?

ラジオ体操は全身運動なので、

ダイエットや運動不足の解消、肩こりや腰痛の予防、

うつ病などの精神疾患の予防にもなります。

特に最近ではダイエット目的でラジオ体操をやられる方も増えています。

ラジオ体操を第一、第二と続けて行った場合は、

消費カロリーは30kcalにもなります。

実際に痩せた方も多いようです。


ラジオ体操は全身運動で腕を回したり、

体をねじったりしますので、

肩こりや腰痛にも効果があります。


それに有酸素運動でセロトニンなどのホルモンも分泌されるので、

うつ病などの精神疾患などにも効果があるとされています。

まとめ

ラジオ体操は子供のころからやっているので、

日本人はほとんどの方が出来ると思います。

それに3分程度と気軽に行う事が出来ます。

ダイエットや運動不足、肩こりや腰痛、

うつ病などの予防にも効果がありますので、

空いた時間などに行うと健康を維持する上でに大いに役に経ちます。

健康を維持するためにもラジオ体操を行うようにしましょう。


健康維持にお勧めなサプリです。
宜しかったら読んでみて下さいね。

宝寿仙紹介ボタン