40歳を過ぎてくると加齢や運動不足により、

体の調子が悪くなることが多くなってきます。

nayami

これは加齢や運動不足により筋肉が衰えてくることが原因です。

その他にもストレスが原因で精神的な不調を起こしたりします。

40代になってくると会社でも中間管理職になる事が多く、

今までよりもストレスにさらされることが多くなります。

肉体的にも精神的にも不調になりやすいのですが、

運動をすることにより改善することが出来ます。

jyogingu1

そこで、ここでは運動することが健康維持に良い7つの理由を紹介します。

1、筋力を維持することができる

使わない筋肉はどんどん衰えていきます。

数週間運動しないだけでも20%以上の筋肉が衰えてしまうのです。

逆に筋肉は使えば使うほど強くなり増えていきます。

40歳を過ぎてくると加齢でも、筋肉が減ってきますので、

運動を生活に取り入れ筋力を維持していきましょう。

2、痩せやすい体になる

yaseyasui

運動することにより体の代謝機能が良くなってきます。

代謝が良くなれば脂肪を効率よく燃やすことができるようになります。

効率よく脂肪を燃やす事ができれば、

脂肪をため込まない体が作れますので痩せやすい体になります。

3、血流が良くなる

運動不足の体は筋肉が硬くなり血管を圧迫することで、

血流が悪くなっています。

そのため、肩こりや腰痛、足冷えといった症状を起こしてしまいます。

でも、運動することにより筋肉がほぐされ、

筋肉によって締め付けられていた血管が広がり血流が良くなります。

4、若々しい体を取り戻すことができる

運動することにより筋肉がほぐされ血流がよくなります。

血流が良くなると成長ホルモンが分泌されやすくなります。

この成長ホルモンは若返りホルモンとも呼ばれ、

若々しい体を取り戻すのに欠かせないものなのです。

5、肩こりや腰痛・足冷えなどの症状が改善する

肩こりや腰痛・足冷えなどの原因は血行が悪くなることで起こります。

使わない筋肉が硬くなり血管を圧迫して起こるのです。

運動することにより筋肉の凝りがほぐされ血流が良くなります。

血流が良くなると疲労物質も排泄できるようになりますので、

肩こりや腰痛・足冷えなどの症状の改善になります。

6、ストレス解消ができる

運動をすると筋肉がほぐされ血流が良くなります。

体の中を血液がどんどん循環するようになります。

その時に一緒にセロトニンも分泌されるようになります。

セロトニンは幸せ物質とも呼ばれ、

これが分泌されると幸福感が味わえ、

嫌な事や悩み事などがどうでも良くなってきます。

そのため心が幸せな気分になりストレス解消になるのです。

7、前向きな気持ちになる

これは先ほどのストレス解消と同じように、

セロトニンが分泌されることにより気持ちが前向きになります。

運動することでセロトニンは分泌されますので、

暗い気持ちや落ち込んだときは積極的に運動すると良いでしょう。

まとめ

運動することにより衰えた筋肉を取り戻すことができたり、

痩せやすい体や若々しい体を作ることができます。

他にも血流が改善することで、

肩こりや腰痛・足冷えの解消にも効果が期待できます。

ストレスの解消や前向きな気持ちを作ったりと、

精神面にも大きく作用します。

このように運動は体や精神面に良い影響を与えますので、

運動を生活の一部に取り入れ健康を維持していきましょう。


健康維持にお勧めなサプリです。
宜しかったら読んでみて下さいね。

宝寿仙紹介ボタン