健康を維持するために運動は欠かせません。

でも、仕事が忙しかったりして、

なかなか時間が取れずに運動できない事ってありますよね。

そんな時一番良い運動とは何だと思いますか?

それは歩く事です。




今はウォーキングと呼ばれ歩くことがブームになっています。

近くの運動公園などに行くと、

この寒空の中多くの人達が歩いています。


運動する時間が取れない方は、

いつもより早く家を出て、

通勤途中で一つ前の駅やバス停で降りて歩いたり、

エスカレーターやエレベーターばかりを使わずに、

歩くことで運動する時間を確保することができます。

歩く効果とは?

簡単に歩くと言いますが、歩くことは全身の筋肉を使うので、

筋力アップや維持には最適です。

特に下半身の筋肉は良く使われますので、

歩くことにより加齢や運動不足で衰えた筋力を取り戻してくれます。


それに歩くことで脳が刺激され、

セロトニンなどの様々なホルモンが分泌されます。

セロトニンはご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、

幸せホルモンと呼ばれています。

セロトニンが不足するとうつ病などの精神疾患にかかりやすくなります。

特に冬場は日照不足でセロトニンの分泌が減るので、

意識して歩く必要があります。

歩くのに理想的な時間帯は?

早朝に歩いている方を見かけることがありますが、

早朝に歩くことはあまりお勧めできません。

早朝はまだ体が完全に目覚めておらず、

急激な血圧の上昇は体への負担が大きくなります。

そのため早朝の時間帯は避けるようにしましょう。


歩くのに理想的な時間帯は目的によって変わってきます。

ダイエットが目的の場合は食事をとる前が効果的だとされています。

筋力アップの場合は食後のエネルギーを補給したあとの方が効果があります。

ただ、食後すぐは消化にエネルギーが必要になりますので、

食後1時間程度あけて行った方がいいでしょう。

どのくらい歩けばいいの?

長く歩けば良いというわけではありません。

あまり長く歩くと筋肉に負担がかかってしまい、

筋力アップや維持のつもりが、かえって筋肉を傷めてしまう事になります。

私の経験上30分から1時間程度歩く事が一番効果がありました。

まとめ

歩くことは筋力アップや維持に効果があるだけではなく、

うつ病などの精神疾患も防ぐことができます。

気分が落ち込んだときなども歩くことにより、

落ち込んだ気分を解消することができます。

特に冬場は気分が落ち込みやすいので、

出来るだけ歩くようにしましょう。


健康維持にお勧めなサプリです。
宜しかったら読んでみて下さいね。

宝寿仙紹介ボタン