最近色んなメディアで良く聞く更年期障害。

最近は女性だけではなく男性の更年期障害も耳にするようになってきました。

kounenkisyougai

更年期障害になるとイライラしたり、

突然汗をかくホットフラッシュ、精神が不安定になったりします。

そこで、ここではそのような症状を和らげるための、

食材や食事メニューを紹介したいと思います。

なぜ更年期障害は起こるのか?

更年期障害の原因は加齢などによるホルモンバランスの乱れが主な原因です。

女性の場合は女性ホルモンが急速に減ることで発症し、

男性の場合は男性ホルモンの減少で起こります。

男性、女性ともにホルモンが減少することによる、

ホルモンバランスの乱れから更年期障害を発症してしまうのです。

更年期障害を改善してくれる食材とは?

女性の場合は女性ホルモンによく似た成分のイソフラボンを採ることで、

更年期障害を改善することができます。

イソフラボンは主に大豆に含まれています。

そのため、大豆を原料とした食事をとると効果的です。

hiyayakko

冷ややっこや納豆、お味噌を使った食事がお勧めです。


男性の場合は男性ホルモンのテストステロンを増やす働きをするものや、

生成を助ける成分を採ると効果があります。

男性ホルモンの生成や増加を助ける成分は亜鉛とアリシンです。

亜鉛はカキやレバーに多く含まれています。

namagaki

アリシンは玉ねぎに多く含まれています。

更年期障害を改善する食事とは?

更年期障害は男性も女性もホルモンバランスが崩れることで発症します。

そこでそれぞれのホルモンの増加や生成を助ける成分を、

意識してとると効果的です。

男性の場合は亜鉛を多く含むものが良いのでカキフライなどはお勧めです。

kakifurai

女性の場合は女性ホルモンと同じ働きをする、

イソフラボンを含んだ大豆製品を採ると良いでしょう。

wacyousyoku

豆腐やわかめなどが入ったお味噌汁と納豆の組み合わせの和食がお勧めです。

まとめ

男性も女性も加齢によるホルモンバランスの乱れから、

更年期障害を発症してしまいます。

そのため、男性ホルモンや女性ホルモンの助けを促す成分を

意識してとる必要があります。

それにホルモンバランスの乱れは加齢だけではなく、

ストレスにより引き起こされることもあります。

そのためストレスをためこまない生活を送ることも肝心です。


健康維持にお勧めなサプリです。
宜しかったら読んでみて下さいね。

宝寿仙紹介ボタン