発酵食品が健康に良いとは誰もが漠然と思っていることだと思います。

syokujifukei

発酵食品のどんなところが健康に良いの?

と聞かれると、乳酸菌や納豆菌などの菌類が食品を分解して、

体に良い成分が出来るからと答えてしまいます。

まあ、間違いじゃありませんが、もっと詳しく知りたいと思いませんか?

そこでここでは発酵食品が健康を維持するのに良い理由を紹介したいと思います。

そもそも発酵食品とは?

発酵食品とは乳酸菌などの微生物が野菜などの食材を、

分解することにより作られます。

この微生物が分解するときに新たに物質を生産します。

そのため、そのままでは硬くて食べられないものでも、

柔らかくなったりするのはそのためです。

あなたは食材をほったらかしにして腐らせてしまった事ってありませんか?

実はこの腐る事と発酵では同じ事が起こっているのです。

でも、腐ったものは食べられませんよね。

それに引き換え発酵食品は食べられるばかりか、

そのままよりも栄養価も高く美味しくなったりします。

その違いは何なのでしょうか?

腐敗と発酵の違い

腐敗と発酵の違いは人が食べられるかどうかなのです。

腐敗も発酵もプロセス自体は同じです。

微生物が食材を分解するという同じ過程をたどります。

腐敗の場合は体に害のある毒素を生産し、

発酵の場合はうまみ成分など体に良いものを生産します。

この差が腐敗と発酵の違いなのです。

発酵食品が体に良い理由

発酵が起こることでそれまでなかった物質が生産されたり、

邪魔な成分が分解されなくなったりします。

そのためそれまでは食べられなかったものも食べられるようになったり、

腸内細菌の餌になる物質が出来たりします。

そのため発酵食品を食べると腸内フローラが良い状態になり、

腸内環境を整えてくれます。

最近では乳酸菌がインフルエンザウイルスの感染や、

増殖を防いでくれるというデーターもあるようです。

次は主な発酵食品の健康維持に良い成分を紹介します。

納豆の健康維持に良い成分

natou

発酵食品と聞くと日本人が一番に想像する納豆。

納豆には様々な成分があります。

大豆から作られるので、大豆イソフラボンやサポニン、

食物繊維を含んでいます。

納豆菌は善玉菌で腸内フローラを整えてくれます。

中でもナットウキナーゼは血液をサラサラにする効果があります。

納豆は健康維持に欠かせない食品なのです。

チーズの健康維持に良い成分

chizu

チーズは主に乳製品から作られます。

そのためチーズには乳製品由来の成分が多く含まれています。

中でもカルシウムを多く含んでいます。

カルシウムは骨を強くしたり健康維持に欠かせない成分です。

チーズは乳酸菌の発酵により作られるため、

整腸作用にも効果があるとされています。

ヨーグルトの健康維持に良い成分

youguruto

最近の研究でヨーグルトに含まれる乳酸菌は、

様々な症状の改善に効果があるとされています。

乳酸菌も色んな種類のものがあり、

インフルエンザを抑える効果だったり、

腸内フローラを整える効果があるものだったりと様々です。

それにヨーグルトは牛乳が飲めない人でも安心して食べることができます。

牛乳にはカルシウムなどの健康維持に欠かせない成分が含まれていますので、

牛乳を飲んでお腹が痛くなるという人は、

ヨーグルトを食べるとよいでしょう。

漬物の健康維持に良い成分

tukemono

日本の食卓には欠かせない漬物。

漬物は塩だけで漬けたものやぬかに漬け込んだもの、

醤油や味噌と様々な漬け方をされます。

それぞれに健康維持に欠かせない成分を含んでいます。

そんな漬物に共通するものは乳酸菌による乳酸発酵です。

これはヨーグルトやチーズといった乳酸菌とは、

また違った乳酸菌なのです。

チーズやヨーグルトの乳酸菌は動物性乳酸菌で、

漬物は植物性の乳酸菌になります。

植物性の乳酸菌は胃酸などの消化酵素に強く、

生きたまま腸に届きやすいという性質があります。

そのため腸内フローラを整える効果が高いとされています。

まとめ

発酵食品は発酵することにより、

それまでにない成分や、それまでにあった成分を強化したりと、

健康維持には欠かせない食事となります。

風邪の予防や腸内フローラを整える効果があったり、

血液をサラサラにしてくれる効果もあります。

そのため、自分の弱い部分を補完するような成分をもつ、

発酵食品を食べるようにすれば健康を維持するのに役立ちます。

発酵食品は健康維持に欠かせないので、

意識して食べるようにしましょう。


健康維持にお勧めなサプリです。
宜しかったら読んでみて下さいね。

宝寿仙紹介ボタン