40歳を過ぎてくると加齢や運動不足により体が硬くなってきます。

それに筋力の低下も起こってきます。

そのままにしておくとますます体が硬くなり、

今まで出来ていたことも出来なくなってきます。

そこで、ここではストレッチが健康維持に良い理由を紹介します。

sutorecchi

なぜ体は硬くなるのか?

体が硬くなる原因は運動不足などで筋肉や関節を動かさない事により起こります。

動かさない筋肉は柔軟性が低くなっていきます。

関節も動かさない事により可動域が狭まり、

今まで出来ていたこともできなくなっていきます。

動かないから動かさないという悪循環も起こってきます。

この悪循環が起こってくると体はますます硬くなっていくのです。

ストレッチをすると健康維持に効果がある理由とは?

筋肉は硬くなることにより血流が悪くなり疲労物質が蓄積し、

肩こりや腰痛といった症状を引き起こします。

そこでストレッチをすることにより、

滞っていた血流を復活させ疲労物質が取り除かれることにより

症状が改善するのです。

関節の可動域が狭まる原因に筋肉が硬くなることがありますので、

筋肉が柔らかく柔軟になれば関節の可動域も広くなっていきます。

このようにストレッチには、

硬くなった筋肉や関節を柔らかくしてくれる効果があるのです。

ストレッチを行う頻度と時間は?

sutorechimaiichi

ストレッチは筋トレと違い筋肉を鍛えるのではなく、

筋肉の柔軟性を取り戻すことが目的になります。

そのため筋肉の回復を待つ必要がありませんので、

ストレッチは毎日行うと健康維持に効果的です。

ストレッチを行う時間は長く行えばいいというものではなく、

毎日行う事の方が重要になります。

そのため5分程度でも全く問題ありません。

大事なのは毎日続けることなのです。

まとめ

sutorechikimochi

筋肉や関節は動かさないと硬くなり動かなくなります。

そのため筋肉や関節は動かさないといけないのです。

でも、仕事が忙しかったりして、

なかなか運動する時間を取ることが出来ない方がいると思います。

そこで運動の代わりにストレッチを行うのです。

ストレッチは仕事の合間や待ち時間といった隙間時間にも出来ますので、

運動不足だなと感じたらストレッチを行うようにして下さい。

ストレッチを行うと脳も刺激されストレス軽減にも効果があります。

それにストレッチを行うと気持ちが良いので、

是非ストレッチを生活に取り入れましょう。


健康維持にお勧めなサプリです。
宜しかったら読んでみて下さいね。

宝寿仙紹介ボタン