パソコンやスマホを長時間使っていると、

背中が詰まった感じがして痛くなります。

pasokonsumaho

これは長時間同じ姿勢を続けていることで起こってきます。


長時間同じ姿勢を保っていると筋肉も固まってしまいます。

筋肉が固まり血流も低下するので疲労物質がたまってしまうのです。

そこでストレッチを行い筋肉を動かすことで、

疲労物質を取り除き筋肉もリフレッシュできるのです。


特に背中の僧帽筋は頭も支えているので、

疲れがたまりやすく筋肉も凝っていることが多いです。

そこで今日は背中のつまりを感じた時にお勧めなストレッチを紹介します。

今回、紹介するストレッチは肩甲骨回りの筋肉を緩めるストレッチです。


まず、肩幅より広めに足を広げます。

ヒザを曲げ腰を落とします。

そしてヒザに手を置きます。

senakasutorechi0

こんな感じですね。


そして片方の肩を斜め前に突き出すようにします。

senakasutorechi1

こんな感じです。

肩甲骨を斜め前に押し出すようなイメージで行います。

すると肩甲骨あたりの筋肉が伸びてきます。

痛気持ちいと感じる位の力で伸ばします。


あまり強い力で伸ばすと筋肉を傷めてしまいますので、

力はあまり入れないようにします。

そして20~30秒そのままの姿勢を保ちます。


ストレッチで筋肉が伸びない理由は数秒程度しか伸ばさないからです。

ストレッチをする場合は筋肉が伸びた状態で20~30秒静止すると効果的です。

そして片方が終わったら今度は違う方も同じ要領で伸ばします。


これを5回程度繰り返せば、

パソコンやスマホの操作で凝り固まった背中の筋肉をほぐすことが出来ます。


特に毎日デスクワークを行っている方にはお勧めです。

これはオフィスなどでも簡単に出来ますので、

背中の詰まりを感じたら行うようにしましょう。


この方法はストレッチなので毎日行うと背中の詰まりや、

肩こりを改善する効果があります。

手軽に行えますので仕事の合間や朝起きてから、

寝る前などに行うようにしましょう。

ストレッチは毎日継続することが大切ですよ。


健康維持にお勧めなサプリです。
宜しかったら読んでみて下さいね。

宝寿仙紹介ボタン