ストレッチは体の筋肉をほぐしたり、

関節の可動域を広げてくれる重要なものです。

nobijyo

そんな重要なストレッチですが、やり方を間違えてしまうと、

効果が半減するばかりか、逆に筋肉を傷めてしまいます。

そこで、ここでは効果的にストレッチを行うための、

5つの注意点を紹介したいと思います。

1、ストレッチを行う時は反動をつけない

ストレッチを行う時は反動をつけないようにします。

反動をつけてしまうと筋肉に過度の力が加わり、

最悪の場合は筋肉が切れたりしてしまいます。

ストレッチはゆっくりと筋肉を伸ばすことで、

筋肉の凝りをほぐしたり柔軟性を取り戻したりします。

そのため、反動をつけずにゆっくりと筋肉を伸ばすことが重要になってきます。

2、ストレッチで筋肉を伸ばしているときは静止する

ストレッチを行っても筋肉のコリが取れないなどの、

ストレッチの効果を感じない方がいます。

そういう方はなぜストレッチの効果を感じないのでしょうか?

その理由は簡単です。

それはストレッチで筋肉を伸ばしても、

短時間で一瞬でやめてしまうからです。

効果的にストレッチを行う場合は静止しないといけないのです。

静止することにより、筋肉はゆっくりと伸ばされていきます。

時間は20~30秒程度静止すると効果的です。

効果を感じない方は5秒や10秒以内しかやらないので効果がないのです。

ストレッチを効果的に行うには20~30秒静止するようにしましょう。

3、ストレッチはどの位の強さで行うのか?

egaojyo

ストレッチを行う力の目安は痛気持ちいいと感じるくらいが、

一番ちょうどいいのです。

ストレッチをすることで筋肉は伸ばされていきます。

それを強い力で行うと筋肉は断裂しないようにと防衛に入り、

かえって硬くなってしまいます。

そのため、あまり強い力でストレッチを行うのは、

逆効果になってしまいます。

そうならないためにも痛気持ち良いと感じるくらいがちょうど良いのです。

4、ストレッチはやり続けることが大事

ストレッチの頻度は筋トレと違い筋力をつけるものではありません。

ストレッチは筋肉の柔軟性や関節の可動域を広げるために行うものです。

そのため、筋肉の回復を待つ必要がないので、

ストレッチは毎日行うと効果的なのです。

一度に全身のストレッチを行うのではなく、

今日は肩と背中、明日は腰や足といった具合に分けて行うと、

毎日脳も刺激されストレス軽減にも効果があります。

ストレッチは一度に全身行うのではなく、

毎日体のどこかをストレッチした方が、

肉体的にも精神的にも効果があるのです。

ストレッチを行う上で大事なのは毎日行うことなのです。

5、筋肉の伸びを意識する

ストレッチを効果的に行うには、

ストレッチで伸ばしている筋肉の伸びを意識すると効果的です。

筋肉のどの部分を伸ばしているのかを、

自分で意識することで筋肉はより伸びるようになります。

効果的にストレッチを行う場合は筋肉の伸び具合を意識して行いましょう。

まとめ

ストレッチを効果的に行うためには、

反動をつけずに30秒程度静止して、

痛気持ち良いと感じる力で行います。

そしてまとめて全身を行うのではなく毎日すこしずつ行う事で、

ストレスの解消にも役立ちます。

筋肉の伸び具合を意識して行うとより効果的に行う事ができます。

ストレッチは毎日少しずつ行うようにしましょう。


健康維持にお勧めなサプリです。
宜しかったら読んでみて下さいね。

宝寿仙紹介ボタン