今からの季節、足冷えが酷くなってきますよね。

私も毎年足冷えに悩まされていました。

以前は足冷え対策でレッグウォーマーを買ったりもしました。

img_3135


足冷え対策には色んなグッズがあります。

それらのグッズを使えば、足冷えの対策や改善にはなりますが、

根本的な解決にはなりません。


その理由は足冷えの原因を解決していないからです。

そこで、ここでは足冷えの原因の対策や改善に効果のあるストレッチをご紹介します。

そもそもなぜ足冷えになるのでしょうか?

足冷えの一番の原因は下半身の血行不足です。

特にふくらはぎの血行不良が最大の原因です。

足冷えの方のふくらはぎは硬く凝り固まっています。

足冷えの方のふくらはぎは少し触っただけでも、

激痛が走るぐらい凝っています。

ふくらはぎの筋肉が凝ることにより血流が悪くなり、

足先に暖かい血液が届かない事で足冷えが起こるのです。

足冷えを改善するためにはストレッチが良い?

足冷えを改善するには足先に暖かい血液が流れればいいのです。

でも、先ほど紹介したようにふくらはぎが凝ることにより、

血流が悪くなっています。

そこで、ふくらはぎの凝りをほぐし血流を良くし、

足先へ暖かい血液が流れるようにします。

そのふくらはぎの凝りをほぐすのに最適なのがストレッチなのです。

ストレッチをすることで筋肉が伸ばされ、

筋肉の柔軟性が戻り血流改善になるのです。

足冷えに効果のあるストレッチ1

足冷えに効果のあるストレッチはアキレス腱伸ばしです。

akiresuken

上の絵のようにアキレス腱を伸ばします。

この時注意することが反動をつけないという事と、

かかとをしっかりと床につけるということです。

そして20~30秒静止します。

するとふくらはぎの裏が伸びコリがほぐされるのです。

片方が終わったら、もう片方も同じ要領で行います。

これを2~3回繰り返します。


ストレッチを行うには効果的な方法があります。

その方法は別の記事に書いていますので、

そちらをご覧ください。

効果的にストレッチを行うための5つの注意点

足冷えに効果のあるストレッチ2

足冷えに効果のあるストレッチをもう一つご紹介します。

まずは正座をします。

そして片足だけひざを立てます。

その立てたひざを抱えるようにして前に体ごと傾けます。

するとふくらはぎの裏の筋肉が程よく伸ばされます。

この時、かかとは床につけるようにして下さい。

この時も20~30秒静止するようにします。

片方が終わったらもう片方も同じ要領で行います。

これを2~3回繰り返します。

まとめ

足冷えの原因は暖かい血液が足先までいかずに起こります。

その原因の多くはふくらはぎの筋肉の凝りにあります。

ふくらはぎの筋肉が凝ることにより、

血管を圧迫し血流が悪くなるのです。

そこでストレッチを使ってふくらはぎの凝りをほぐし、

足先へ暖かい血液を送ることで、

足冷えの改善や予防をすることができます。

これから先は寒くなり足の冷えで悩むことが多くなりますので、

ストレッチを行いふくらはぎの凝りをほぐし、

足冷えの予防と対策をしましょう。


健康維持にお勧めなサプリです。
宜しかったら読んでみて下さいね。

宝寿仙紹介ボタン