膝が痛んでくると歩くのも億劫になってきます。

痛みがあるからあまり歩かなくなってくると、

足の他の筋肉も衰えてきて悪循環に陥ってしまいます。

hizaita1

そうならないためにも、ここでは筋トレを使って、

ひざ痛を改善する方法を紹介します。

そもそもひざ痛はなぜ起こるのか?

ひざ痛が起こる原因は加齢による筋力の衰えや、

骨や半月板や関節などに問題がある場合に起こります。

骨や半月板損傷といったものは、

筋トレではどうしようもないので、

病院で診察を受ける必要がありますが、

加齢や運動不足による筋力の低下は筋トレで改善する事ができます。

まずは筋トレができる状態か確認しよう

次の症状がある場合は筋肉が原因ではなく、

他の病気が隠れている場合がありますので、

筋トレを行わずに病院を受診しましょう。

1、激しい痛みがある場合。

2、吐き気やめまいなどの症状がある場合。

3、体がしびれたりする場合。

ひざ痛改善のために鍛える筋肉は?

足を前にあげた時にひざの上に痛みを感じる場合は、

大腿四頭筋が原因となります。

大腿四頭筋と対になる筋肉はももの裏にある、

ハムストリングスになりますので、そこを鍛えることになります。

ハムストリングスとは大腿二頭筋、半腱様筋などの事をいいます。

ハムストリングスを効果的に鍛えるには?

utubuse

ハムストリングスはももの裏側にありますので、

ひざを伸ばしうつぶせで床に寝て、

ひざを90度に曲げるように足をあげます。

こうすることでハムストリングスを効果的に鍛えることができます。

慣れてきたら足首に重りをつけ行うとより効果的になります。

まとめ

ひざ痛を取り除くために、まずはひざ痛の原因を探ります。

骨や半月板が原因の場合は病院で治療し、

加齢や運動不足で筋力が低下している場合は、

ここで紹介した方法を使って改善しましょう。

一番いけない事は、何もせずにそのままにしていることです。

これではひざの痛みは改善しませんし、

他の筋肉まで衰えてしまいます。

そうならないためにもひざの痛みを感じた場合は、

早急に対処するようにしましょう。


健康維持にお勧めなサプリです。
宜しかったら読んでみて下さいね。

宝寿仙紹介ボタン