最近静かなブームになっている事があります。

それは瞑想です。

瞑想は今では日本よりも海外で広く取り入れられており、

検索大手のグーグルも取り入れている位です。

そもそも瞑想とは?

瞑想の歴史は古くインダス文明の遺跡から瞑想をする姿が

見つかっているようです。

インドでは瞑想はヨガの呼吸法の一つとして伝わっています。


日本では仏教の教えの一つとして伝わり、

禅や座禅などとともに宗教色が強く、

お寺でするものという認識があります。

最近は宗教色を排した瞑想法もあり、マインドフルネスと呼ばれています。

瞑想のやり方は?

瞑想はそんなに難しくはなく、誰にでも簡単に取り組めます。

やり方は静かな場所で目を閉じ座ります。

そして自分の呼吸に意識をむけます。


通常呼吸は無意識で行われますが、

呼吸を意識することで深い瞑想状態に入っていきます。

息を吸い込むときは、体の中に広がるイメージをします。


そして息を吐くときは体の中にある悪いものを出すイメージで行います。

よく息を吸う時は何秒、吐くときは何秒と時間を決める方もいますが、

時間を決めてしまうとその事に意識が行ってしまいますので、

自分が苦しくない範囲で自然に行うようにすると良いでしょう。


この時注意することが呼吸に意識することです。

他の事は考えないようにします。

他の事が頭に浮かびそうな時は、

呼吸に意識するようにしましょう。

瞑想するとどんな変化が現れるのか?

瞑想を続けていると最初のうちは雑念が浮かんできますが、

呼吸に意識するようにして雑念を払っていると、

段々とリラックスしてきます。


そして意識がだんだんと広がってきます。

この時は何ともいえない気持ちの良さがあります。

瞑想中は時間もあっという間に過ぎてしまいます。

瞑想はうつ病予防にもなる?

うつ病にかかると脳の海馬というところが委縮することが分かっています。

実験では瞑想をすると脳の海馬が大きくなり、

ストレスを感じる受容体が小さくなることが結果として出ています。


そのため瞑想はうつ病の予防などの効果があるとされています。

実際に瞑想をやってみると分かると思いますが、

瞑想すると小さなことで悩んでいた事がバカらしくなったりします。

これも瞑想の効果だと思います。

まとめ

以前の瞑想は宗教色が強く、

怪しいと思われてきましたが、

今は瞑想の効果は科学的に実証されてきています。


アメリカの世界的な企業が取り入れたり、

あのアップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏も実践していました。

その位瞑想にはパワーがあるのです。


今の世の中はストレスが多く、

精神疾患になる方が増えています。

そのストレス社会を生き抜くためにも、

瞑想は欠かせない一つの手段になっています。


数分でも効果がありますので、

時間が取れるときはできるだけ瞑想をすると、

心も体も健康になりますよ。


健康維持にお勧めなサプリです。
宜しかったら読んでみて下さいね。

宝寿仙紹介ボタン